ケイトウ

鶏頭

双子葉、離弁花、 ヒユ科、 ケイトウ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:0.8〜1メートル
茎は直立し、太くて固く、無毛で、紅色のこともある。 上部で枝分かれする。
葉は先のとがった長楕円形で互生し、5〜10センチで薄く、柄が長い。
茎先や枝先に花穂を出す。 花軸が退化し上部の縁が著しく広がり、小花が密生して、 鶏冠のように見え、鱗片が多数ある。 花穂の形は、他にも槍形や羽毛形など、いろいろある。 色は赤が多いが黄色などもある。 花被片は5枚あるが、小さくてわかりにくい。 開花時期が長い。
花後の花穂に多数の胞果がつく。胞果は5裂するコップ状の萼の中に入っており、 熟すと蓋がとれるように上面が横に割れて、黒くて丸い種子が数個ずつ出る。
ノゲイトウハゲイトウヒモゲイトウスギモリケイトウ など、いろいろの種類がある。



(2016/10/20)


果実は5裂する萼の中にある胞果。(2016/10/20)


葉の広い品種。(2015/11/20)


葉の狭い品種。(2016/10/11)


ヒモゲイトウ。花序が紐状となる。(2016/7/28)


スギモリケイトウ。花が総状に咲く。(2016/7/27)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る