ヒモゲイトウ

紐鶏頭

双子葉、離弁花、 ヒユ科、 ヒユ(アマランサス)属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:1.5〜2メートル
別名:アマランサス、センニンコク(仙人穀)
茎は太くて直立し、上部で枝分かれする。 赤みを帯びることが多い。
葉は全縁の長楕円形で先がとがり、互生する。
茎先や葉腋から、30センチぐらいになる花穂を垂れ下がらせ、 赤または白の小さい花を円柱状に密集させる。 花が球状に集まることもある。 また、花穂が分枝して数本垂れ下がることもある。 花被片は5枚ある。
果実は胞果で、 タンパク質が白米の約2倍あり、 ビタミン、ミネラルなども豊富で、 消化もよい。
古代インカでは、主要作物の1つであった。
アマランサスはヒユ属の総称であるが、 ヒモゲイトウを単にアマランサスと呼ぶことも多い。
南米原産。

(2016/7/28)


葉は先のとがった長楕円形で、全縁。(2016/7/27)


茎は直立してから分枝し、葉は互生する。(2015/7/2)


ひも状の花序が垂れ下がる。茎が赤みを帯びることがある。(2016/7/27)


小さくて赤い花が多数ひも状に集まる。(2016/7/27)


(2016/7/27)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る