ハゲイトウ

葉鶏頭

双子葉、離弁花、 ヒユ科、 ケイトウ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:1〜2メートル
茎は直立して太くかたい。紅色のこともある。
葉は幅広の被針形で薄くて大きく、秋になると赤や紫、 黄色などに着色する。 葉は互生するが、茎先では密生する。
小さい紅色の花が葉腋に多数球状に密集してつく。
果実は胞果で、種子は丸い。 食用品種の種はアマランサスという名前の雑穀として扱われる。
同属のものとして、 ケイトウノゲイトウ など、いろいろある。
熱帯アジア原産。



色づいた葉が大きな花のように見える。


本当の花は葉腋に球状に密集してつく。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る