カラシナ

芥子菜

双子葉、離弁花、 アブラナ科、 アブラナ属、越年草。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:約40センチ(とうだちした時は約1.5メートル)
別名:セイヨウカラシナ
根は直根とそこから出るひげ根で構成される。
根生葉は毛があり鋸歯のある奇数羽状複葉であるが、頂小葉が大きく、 側小葉はうんと小さくて、全体がへら形のように見える。 葉は少し辛いが漬け物などに適する。
茎葉は被針形であり、葉柄があって茎を抱かず、互生する。 上部の茎葉は全縁となる。
茎が高くのびる(とうがたつ)と、枝先の総状花序に、 黄色い4弁花が咲く。
果実は長角果で、直径約1ミリの楕円形の種子は 黄褐色で、辛みがあって、すりつぶすと和芥子 ができる。
西アジア原産。

識別点: セイヨウアブラナカラシナクロガラシハナナ
 セイヨウアブラナ:葉は厚くて茎を深く抱き、茎が粉白色を帯び、萼片が開かない。種子は黒く、染色体が19対。
 アブラナ    :葉は薄くて茎を抱き、萼片が開く。種子は赤く、染色体が10対。
 カラシナ    :葉は茎を抱かず、鋸歯があり、花は小さく、種子は黄褐色。
 クロガラシ   :2メートル以上にのび、葉は茎を抱かず、鋸歯があり、花は小さく、種子は赤褐色。
 ハナナ     :葉は強く縮んで波状の切れ込みがあり、茎を浅く抱き、花序が大きい。





4弁で黄色い花が総状に咲く。(2015/4/14)


茎の上部の葉は全縁の披針形となる。


根生葉は羽状複葉で鋸歯がある。


頂小葉が大きい。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る