アカソ

赤麻

双子葉、離弁花、 イラクサ科 カラムシ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:50〜80センチ
茎は分枝しないで斜上する。 根は木質化して強い。
葉は8〜20センチの卵円形で3脈の目立ったものが対生し、 葉先は3裂し、中央裂片は細長くとがる。葉には鋸歯がある。
茎と葉柄が赤みを帯びる。
葉腋から穂状花序を出し、 雄花は茎の下部につき、雌花は球形に集まったものが 茎の上部の花軸に並ぶ。
雄花は淡黄白色で、雌花はやや赤みをおびる。 花被片は4枚あるが、小さくてよく見えない。
雌雄同株であるが、雌花だけで種のできることも多い。
果実は狭い翼を持った褐色のそう果である。
類似したものに アカソクサコアカソヤブマオメヤブマオカラムシイラクサ などがある。

識別点:
 アカソ   :草、茎と葉柄が赤く、葉先が3裂して中央裂片が尾状にとがり、鋸歯15個位。
 コアカソ  :木、茎と葉柄が赤く、葉先は3裂せずに中央裂片が尾状にとがり、鋸歯8個以内。
 クサコアカソ:草、茎と葉柄が赤く、葉先は3裂せずに尾状にとがり、鋸歯10〜20。
 ヤブマオ :草、葉の基部は円形、先は3裂せずに尾状にとがり、鋸歯は先ほど粗い、雌花の玉が密に並ぶ。
 メヤブマオ:草、葉の基部は切形、先は3裂、粗鋸歯、雌花の玉がまばらに並ぶ。
 カラムシ :草、葉先は3裂せずに尾状にとがり、鋸歯20以上、雄花は総状につく。
 イラクサ :草、葉の基部は心形、先は3裂せずに尾状にとがり、欠刻状鋸歯、茎や葉柄、葉に棘。

茎と葉柄が赤い。(2017/6/3)


葉先が大きく3裂し、中央裂片が尾状に尖る。(2017/6/3)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る