トウグミ

唐茱萸

双子葉、離弁花、 グミ科、 グミ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:2〜4メートル
株立ちすることが多い。 樹皮は黒褐色で、若枝に赤褐色の鱗片がある。
葉は楕円形で互生し、若い葉には銀白色の星状毛が生えるが、のちに脱落して緑色になる。
花は葉腋に1〜3個下向きにつき、萼筒が長い筒形で、先が4裂し、 鱗状毛があり、淡黄色である。
春に花が咲き、初夏に楕円形の偽果が赤く実る。 種子は長楕円形で溝が8本ある。

識別点: ナワシログミナツグミアキグミトウグミダイオウグミツルグミ
 ナワシログミ:秋に咲き、長楕円形の果実が翌年の初夏に実る。葉の縁が波状。枝に棘。
 ナツグミ  :春に咲き、楕円形の果実が初夏に実る。葉裏に銀白色と褐色の鱗片が混生する。
 アキグミ  :花は初夏に咲き、色が白から黄色に変わり、球形の果実が秋に熟す。
 トウグミ  :春に咲き初夏に実り、枝に棘がなく、果実はナツグミより大きい楕円形。
 ダイオウグミ:トウグミの園芸種で、実が1.5〜2センチと大きい楕円形。
 マルバグミ :葉は5〜10センチと大きく、革質で光沢があり、秋に咲き、長楕円形で白っぽい果実が翌春に熟す。
 ツルグミ  :春に咲き、長楕円形の果実が初夏に実り、枝が蔓状にのび棘がない。







果実のできはじめ。(2016/4/29)











双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る