マリカ


双子葉、合弁花、 モクセイ科、 ソケイ(ジャスミン)属、常緑、広葉樹、半つる性、低木。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:2メートル
別名:マツリカ、アラビアジャスミン
幹は灰褐色で縦筋があり、はじめは直立しているが、 大きくなるとつる状にのびるようになる。
葉は全縁の広卵形で鈍頭であり、 対生する(3輪生する品種もある)。
枝先から出た花径が散房状に枝分かれし、萼筒が長く、 花冠が8つぐらいに裂けた高坏形の花が咲く。 花は夕方に開花して早朝まで咲き、 はじめは純白であるが、淡紅紫色に変色する。 クチナシに似た香りがある。
楕円形の液果ができる。
花(蕾)はジャスミン茶を作るのに使われる。
寒さに弱い。
インド、東南アジア原産。

識別点: ソケイキソケイハゴロモジャスミンマリカ
 ソケイ :半つる性低木、羽状複葉、花5裂、白、芳香強。
 キソケイ:低木、羽状複葉、花5裂、黄、香微。
 ハゴロモジャスミン:つる性、羽状複葉、花5裂、白、芳香強。
 マリカ :半つる性、葉広卵形、花8裂、白〜淡紫色、芳香。

(2017/3/30)


葉は全縁の広卵形で対生する。(2017/3/30)


枝はのびるとつる状となる。(2017/3/30)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る