キソケイ

黄素馨

双子葉、合弁花、 モクセイ科、 ソケイ属、常緑、広葉樹、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:1〜1.5メートル
株立ちし、樹皮は緑褐色〜灰褐色で縦筋があり、皮目がある。 若い茎は緑色で稜がある。
葉は奇数羽状複葉で、小葉は先のとがった楕円形で全縁である。
枝先の散房花序に黄色い漏斗状の花が咲き、 花筒が長く、花冠の先が5裂して平開する。
楕円形の液果のできることがある。
花がジャスミン(素馨)と似ているが、香りはあまりない。
ヒマラヤ原産。



花は漏斗状で花筒が長い。


奇数羽状複葉が互生し、しだれ気味となる。(2015/7/2)


小葉は先の尖った卵形で、全縁である。


よく分枝して茂るが、高くはならない。


若枝は緑色。(2015/7/2)


花後。(2016/7/28)


脇芽が出て株立ちする。幹は灰褐色。(2016/4/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る