マンサク

満作

双子葉、離弁花、 マンサク科、 マンサク属、落葉、小高木。 用語説明
花期:冬〜春 2月〜3月
高さ:2〜5メートル
樹皮は灰褐色で、楕円形の皮目がある。
葉は7〜12センチの菱形状円形で、波状のあらい鋸歯があり、 裏面は脈が隆起し、毛があり、互生する。
開花は葉の展開より早く、 まだ寒いうちに葉腋に1〜数個かたまって咲く。 萼片は紫色で4枚ある。、花弁は黄色で4枚あり、細長くて反り返る。 蕾の中では花弁は巻いたリボンのようになっていて、 開花によってそれがほどけてゆく。
直径約1センチの卵球形の朔果がつき、熟すと2裂して、 長楕円形で黒く光沢のある種子が出る。
岡山県阿哲郡で発見され、中国、四国、九州に分布する アテツマンサク は、 萼片が赤紫でなく黄色い点や、 花に芳香がある点などが通常のマンサクと異なる。

識別点: マンサクマルバマンサクシナマンサク
 マンサク   :葉は菱状円形で、葉裏に星状毛が散生、2月から咲く。
 マルバマンサク:葉は卵形〜扇形で、葉裏は葉脈基部以外は無毛、2月から咲く。
 シナマンサク :葉は倒卵形で、葉裏に綿毛が密生、1月から咲く。




赤紫色の萼の間から黄色い花弁が出る。


(2017/3/10)


若葉


葉は菱形状円形で、波状のあらい鋸歯がある。









刮ハは先が4裂して褐色の短毛が密生し、熟すと黒褐色の種子が出る。(2015/10/8)


(2016/10/27)


樹皮は灰褐色


ニシキマンサク


ニシキマンサク


ハヤザキマンサク


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る