カショウ

花椒

双子葉、合弁花、 ミカン科、 サンショウ属、落葉、広葉樹、低木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:3メートル
樹皮は黒褐色で幅広の棘が対生し、古枝では棘がいぼ状突起になる。
奇数羽状複葉が互生し、小葉は卵形で先半分に鋸歯がある。 葉軸に狭い翼のような稜がある。
葉腋に黄緑色の小さい花を数個つける。
果実は丸くて紅色に熟する分離果で、香りがあり、赤い果皮にサンショウ よりもっと強い辛みがある。 裂開すると黒くて光沢のある2つの種子が現れる。
近縁のものとして、ヤカショウ(野花椒、別名 トウサンショウ( 唐山椒)) がある。中国原産で、香辛料として使われる。

識別点: サンショウイヌザンショウフユザンショウカラスザンショウカショウ
 サンショウ   :落葉低木、小葉卵形、葉軸に狭翼、棘対生、2分果、香り強。
 イヌザンショウ :落葉低木、小葉広披針形、葉軸に狭翼、棘互生、3分果、香り弱。
 フユザンショウ :常緑低木、小葉広披針形、葉軸に翼、棘対生、2分果、香り弱。
 カラスザンショウ:落葉高木、小葉披針形、葉軸に棘、棘密生、3分果、香り無。
 カショウ    :落葉低木、小葉卵形、葉軸に狭翼、棘対生、2分果、香り強。



奇数羽状複葉の小葉は卵形で先半分に鈍鋸歯がある。(2016/5/5)


円錐花序に小さな黄緑色の花をつける。(2015/5/6)


実は丸い。(2015/7/2)


赤熟した2分果が割れると黒い種子が現れる。(2015/9/29)


大きくて鋭い棘がある。(2016/5/5)


近縁のヤカショウ。(2016/5/5)


ヤカショウ。(2016/5/5)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る