イヌツゲ

犬黄楊

双子葉、離弁花、 モチノキ科、 モチノキ属、常緑、広葉樹、低木。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:1.5〜3メートル
樹皮は灰黒色で皮目があり、若枝は緑色で稜がある。 枝葉は密に茂る。
葉は1.5〜3センチの楕円形で浅い鋸歯があり、互生し、短柄で革質である。
雌雄異株で、夏に本年枝の葉腋から出る散形花序に、萼片4、花弁4、雄しべ4の 黄白色の小さい雄花数個と雌花1個を咲かせる。
果実は5ミリぐらいの球形の核果で、10月〜11月に黒く熟す。
刈り込みで形を整えやすい。
葉が長さ2〜4センチと大きいオオバイヌツゲという変種もある。

識別点: ツゲヒメツゲセイヨウツゲイヌツゲ
 ツゲ    :中木、葉は3センチ以下の倒卵形で全縁、先がへこみ、対生する。ツゲ科。
 ヒメツゲ  :低木、葉は2センチ以下の倒卵形で全縁、鈍頭、対生する。ツゲ科。
 セイヨウツゲ:低木、葉は2.5センチの倒卵形で全縁、先があまりへこまず、対生する。ツゲ科。
 イヌツゲ  :低木、葉は3センチ以下の長楕円形で浅い鋸歯があり、先はへこまず、互生する。モチノキ科。



白い4弁花が咲く。


(2017/5/25)






果実は球形で、


黒く熟す。


葉は密集してつく。


葉は互生する。(2016/5/29)




葉が大きい(長さ2〜4センチ)オオバイヌツゲ。(2017/4/13)


オオバイヌツゲ。(2017/9/21)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る