ツゲ

黄楊

双子葉、離弁花、 ツゲ科、 ツゲ属、常緑、広葉樹、中高木。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:3〜9メートル
別名:ホンツゲ、アサマツゲ
成長は遅いが、よく分枝して密に繁る。 樹皮は灰白色〜淡褐灰色で、 古くなると不規則な割れ目が入り、粗面となる。
葉は1〜3センチの倒卵形で先が少しへこみ、厚くてつやがあり、 全縁で対生する。
雌雄同株で春に葉腋に淡黄色の小さい花を束生する。 1つの雌花のまわりに数個の雄花がある。萼片は雄花で4つ、雌花で6個 あるが、雄花も雌花も花弁はない。
果実は倒卵形の朔果で先端に3本の花柱が角状に残る。 種子は稜のある長楕円形で、黒くて光沢がある。
材は黄褐色で緻密でかたく、櫛や印材に使われるが、最近は大きい材は ほとんどなくなった。

識別点: ツゲヒメツゲセイヨウツゲイヌツゲ
 ツゲ    :中木、葉は3センチ以下の倒卵形で全縁、先がへこみ、対生する。ツゲ科。
 ヒメツゲ  :低木、葉は2センチ以下の倒卵形で全縁、鈍頭、対生する。ツゲ科。
 セイヨウツゲ:低木、葉は2.5センチの倒卵形で全縁、先があまりへこまず、対生する。ツゲ科。
 イヌツゲ  :低木、葉は3センチ以下の長楕円形で浅い鋸歯があり、先はへこまず、互生する。モチノキ科。

写真さしかえ


若枝は緑色で4稜がある。


幹は灰白色〜淡褐灰色で、成長が遅い。




葉は革質・全縁の倒卵形で先が少しへこみ、対生する。


冬の花芽(11月)


葉芽。(2015/12/18)


のびた芽(4月)。


雌花には緑色の子房と3枚の花柱があり、そのまわりを雄花が取り囲む。




若い果実。花柱が3本突きだしている。


(2015/6/15)


花柱の残った刮ハ。


裂開した刮ハ。(2016/3/3)


(2016/3/3)


(2016/3/3)


ヒメツゲ:ツゲの変種(母種?)で、葉が2センチ以下と小さい。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る