ハクモクレン

白木蓮

双子葉、離弁花、 モクレン科、 モクレン属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:15メートル
樹皮は灰白色で滑らかである。
葉は8〜15センチの倒卵形で先がとがり、全縁で、 葉裏では脈にそって毛があり、互生する。 モクレン より幅広である。
葉の展開前に枝先に長さ約10センチの白い花が単生する。 上向きに半開きした形で咲き、花弁が6枚、花弁状萼片が3枚ある。 一斉に咲いて数日で散る。
花弁の内側は白いが外側の付け根が紫色のは、 ソトベニハクモクレンと呼ばれ、 ハクモクレンとモクレンの交雑種の1つと見られている。
果実は袋果の集まった長楕円形の集合果である。 秋に熟すと袋が割れて赤橙色の種子がぶら下がる。

識別点: コブシタムシバハクモクレンシデコブシ
 ハクモクレン:花弁は6枚で上向きに半開。色は白、葉は倒卵形。
 コブシ   :花弁は6枚で平開。色は白、葉は倒卵形、花の直下に葉。
 タムシバ  :花弁は6枚で平開。色は白、葉は披針形、花の直下に葉なし、香気が強い。
 シデコブシ :花弁は12〜18枚で平開。色は白か淡紅色、葉は倒披針形。



白い花が上向きに半開する。


葉の展開前に一斉に咲く。


花は純白(背景の葉は別の木)。

雄しべが多数ある。


花芽は秋から用意され、軟毛で覆われている。(2017/10/10)


開花前は葉は皆無で、蕾だけがある。(手前の黒い幹は別の木。) (2018/1/14)


若葉。


葉は全縁の倒卵形で、モクレンの葉より幅広でかつ大きい。


葉先が短く尖る。(2017/10/10)


まだ成長していない果実。


樹皮は灰白色。若木は滑らかであるが、老木になるとごつごつする。


若木。


老木。


不規則に大きくはがれる。


落葉高木である。 (2018/1/10)


ソトベニハクモクレン。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る