モクレン

木蓮、木蘭

双子葉、離弁花、 モクレン科、 モクレン属、落葉、広葉樹、小高木。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:4メートル
別名:シモクレン(紫木蓮)
樹皮は灰褐色で滑らかであり、 幹は直立するが、しばしば束生する。
葉は8〜18センチの倒卵形で先がとがり、葉柄は短く、全縁で、 葉裏では脈にそって毛があり、互生する。
紅紫色の花が枝先に1個つく。 蕾は毛のある鱗片に包まれ、陽の当たる南側の鱗片が早く伸びるので、 花が北に傾いて開く。花弁は6枚で長さ10センチぐらいあり、 外側が紅紫色で内側がやや白く、 雌しべと雄しべが多数あり、螺旋状にならぶ。芳香がある。
果実は未熟のときは雌しべ群の柱が大きくなったような形で、 袋果の集まった円柱形の集合果であり、 結実しない花も多いので、熟してくるとコブ状の膨らみがいくつかできる。 コブが裂開すると糸状の種柄で橙色の種子がぶら下がる。

花は北へ向いて傾く。






花は短期間に一斉に咲く。 (2009/3/30)


葉は尖った倒卵形で全縁。 (2016/4/29)


花の内側はやや白く、雌しべと雄しべが多数ある。


蕾では花弁が巻かれている。(2016/4/11)


細い枝は淡褐色。葉は互生する。 (2017/4/22)


花弁の落ちた直後の花。雌しべ、雄しべがまだ残っている。 (2016/4/16)


果実は袋果の集合果。雄しべは大部分落ちている。(2016/4/29)


幹は灰褐色で平滑。(2016/4/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る