ノウゼンカズラ科


双子葉、合弁花。 用語説明

ノウゼンカズラやキササゲなどを含む。
葉は対生する。
花は両性で、漏斗状となるものが多い。
果実はさく果で2裂し、種子は扁平で、翼や毛がある。

ノウゼンカズラ 奇数羽状複葉で、ロート状で5片に裂けた オレンジ色の花をまばらな円錐状に咲かせる

アメリカノウゼンカズラ 奇数羽状複葉で、ロート状で5片に裂けた オレンジ色の花を散形状に咲かせる

ツリガネカズラ つる性で巻き付くだけでなく、吸盤ではりつき、 葉は3出複葉で対生し、 葉腋に釣鐘形の花を数個ずつつけ、カレーの臭いがする

キササゲ 葉は広卵形で浅く3〜5裂し、葉柄が長く、 枝先に黄白色の漏斗状の花を多数つけ、長い刮ハが垂れ下がる

ハナキササゲ 葉は広卵形で葉柄が長く、 枝先に黄白色で紫色と橙色の線のあるの漏斗状の花を多数つけ、 長い刮ハが垂れ下がる

ジャカランダ 羽状複葉の小葉は長楕円形で、 円錐花序に青紫の漏斗状で花冠の5裂する花が咲き、 扁平で丸い刮ハができる

双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
総目次へ戻る