ジャカランダ


双子葉、合弁花、 ノウゼンカズラ科、 キリモドキ属、落葉、高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:15メートル
樹皮は灰褐色で平滑である。
1回羽状複葉が対生し、小葉は長楕円形で主脈がへこむ。
枝先の円錐花序に青〜青紫の漏斗状の花をつけ、 花冠は5裂する。白い花もある。
果実は7〜8センチの卵形〜楕円形で扁平な刮ハで、 縁がやや波打ち、2枚貝のように開くと、 淡褐色の円盤のような翼のある種子が出る。
世界3大花木に数えられ、花盛りにはとても美しい。
アルゼンチンなどの熱帯アメリカ原産。

(2015/10/16)


1回羽状複葉が対生する。(2015/10/16)


小葉は先のとがった長楕円形で柔らかい。(2015/10/16)


小葉の先は急にとがり、主脈はへこむ。(2016/10/20)


若枝は赤い。(2017/6/6)


(2018/6/19)


蕾は青紫色。 (2018/6/19)


細長い花冠が5裂しそう。 (2018/6/19)


樹皮は灰褐色で平滑である。(2015/10/16)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る