ノウゼンカズラ

凌霄花

双子葉、合弁花、 ノウゼンカズラ科、 ノウゼンカズラ属、つる性、落葉、低木。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
茎から付着根を出してはい上がるつる植物で、年数がたつと幹は太くなり、 樹皮は灰褐色となる。枝先は垂れ下がる。
葉は対生し、奇数羽状複葉で、小葉は先のとがった卵形で鋸歯があり、 脇小葉の葉柄はごく短い。
茎の先に円錐花序を出して、 漏斗状で先が5片に裂けた橙赤色の花をまばらにつける。
まれに豆のような長い刮ハがつき、 中に左右に翼のある種子が入っているが、 日本では結実しにくい。
中国原産。

識別点: ノウゼンカズラアメリカノウゼンカズラ
 ノウゼンカズラ    :花筒が短い、花茎が大きい、まばらな円錐状に咲く。
 アメリカノウゼンカズラ:花筒が細長い、花茎が小さい、散形状に咲く。



花序枝は対生状に分枝する。(2015/6/23)


奇数羽状複葉が対生する。


小葉は先のとがった卵形で、粗い鋸歯がある。


秋に落葉して春に芽ぶく。樹皮は灰褐色。


アメリカノウゼンカズラ。花が散形状に集まって咲き、花筒が細長い。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る