キササゲ


双子葉、合弁花、 ノウゼンカズラ科、 キササゲ属、落葉、高木。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:5〜15メートル
樹皮は灰褐色で、縦の裂け目がある。
葉は対生または3輪生で、葉身は10〜25センチの広卵形で、大きさのわりに薄く、 浅く3〜5裂し、先が短くとがる。 葉柄が5〜20センチと長い。
枝先から出る10〜25センチの円錐花序に黄白色の漏斗状の花を多数つける。
長さ30〜40センチの線形の刮ハが垂れ下がり、中に 両端に長い毛の密生した長楕円形で扁平な種子が入っており、 風でとぶ。

ハナキササゲはキササゲの近縁種で、花は大きくて白く、 淡紅色の線があり、香りもよい。

これはハナキササゲ(写真とりかえ)


ハナキササゲ


ハナキササゲ


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る