ヤマカモジグサ

山髢草

単子葉、 イネ科、 ヤマカモジグサ属、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:40〜80センチ
茎は株立ちし、茎や葉に毛がある。節には密に毛が生える。
葉は線形で、基部近くで反転して裏が上面になる。
長い花茎に短い柄のついた緑色で細長い小穂をまばらに互生させる。 穂は先が垂れるが、あまりばらけず、 小穂には4〜13ミリの長い芒がある。

識別点: カモジグサアオカモジグサヤマカモジグサミズタカモジグサ
 カモジグサ  :花穂は帯紫色、穂がばらけて垂れ下がる、内穎と外穎が同長。
 アオカモジグサ:花穂は緑色、穂のばらけ・下垂少なく、内穎が外穎より短く、花後の芒が反り返る。
 ヤマカモジグサ:葉が途中で反転、花穂は緑色、小穂に短い柄、穂のばらけ・下垂少なく、内穎が外穎より短い。
 ミズタカモジグサ:湿地に生え、花茎が太くて直立し、芒は帯紫色、穂はばらけない。

穂は先が垂れ下がる。


葯は白っぽい。(2016/5/7)


穂はあまりばらけない。


(2016/5/7)


長い芒がある。


葉が基部近くで反転する(中央の葉など)。


(2016/5/7)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る