ミズタカモジグサ

水田髢草

単子葉、 イネ科、 エゾムギ属、多年草。 用語説明
花期:春 5月
高さ:30〜70センチ
カモジグサ に似ているが、 湿地に生え、花穂が直立し、小穂が花径に密着する点などが異なる
田植え前の水田などに生える。 茎は根元で放射状に広がってから立ち上がる。
葉は広線形〜狭披針形で、葉鞘の縁には毛がない。
花穂は10〜20センチで茎先に直立し、 小穂は太い中軸に密着して互生し、 芒は紫色を帯びる。 中軸は太くてほとんど垂れ下がらない。
護穎は無毛で2〜3センチの芒がある。
以前は水田雑草としてよく見られたが、 早稲苗の導入などによって、少なくなっている。

識別点: カモジグサアオカモジグサヤマカモジグサミズタカモジグサ
 カモジグサ  :花穂は帯紫色、穂がばらけて垂れ下がる、内穎と外穎が同長。
 アオカモジグサ:花穂は緑色、穂のばらけ・下垂少なく、内穎が外穎より短く、花後の芒が反り返る。
 ヤマカモジグサ:葉が途中で反転、花穂は緑色、小穂に短い柄、穂のばらけ・下垂少なく、内穎が外穎より短い。
 ミズタカモジグサ:湿地に生え、花茎が太くて直立し、芒は帯紫色、穂はばらけない。



単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る