カノコユリ

鹿の子百合

単子葉、 ユリ科、 ユリ属、球根植物、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:0.5〜1.7 メートル
崖地などに生える。
葉は互生し、長さ12〜18センチの卵状披針形で、 先がとがり、つやがある。
花は直立ないし斜上する茎の上部に総状につき、 直径10センチぐらいで、下向きに咲く。 花被片は強く反り返り、縁が少し波打ち、淡紅色で、 鹿の子絞りのような濃紅色の斑点と乳頭状突起がある。 柱頭と雄しべは長く突きだし、花粉は赤褐色である。
花の白い品種もある。 元気がよいと1株で10〜20輪咲く。
果実は稜のある長楕円形の刮ハで、 上向きにつき、裂開すると翼のある種子が風で飛ぶ。
半日日陰で水はけのよい所を好む。
日本原産。中国や台湾にも自生。絶滅危惧種。

識別点: オニユリコオニユリカノコユリヤマユリテッポウユリタカサゴユリ
 オニユリ  :花は赤橙色で強く反り返り、夏咲き、結実希でムカゴがつく。
 コオニユリ :花は赤橙色で強く反り返り、夏咲き、刮ハ長楕円形、ムカゴなし。
 カノコユリ :花は赤く、斑点が濃くて強く反り返り、夏〜秋咲き、刮ハ楕円形。
 ヤマユリ  :花は白くて半ば反り返り、夏咲き、刮ハ長楕円形。
 テッポウユリ:葉が幅広、花は細長で白く、少し反り返り、春咲き、刮ハ長楕円形。
 タカサゴユリ:葉が狭い、花は細長で白く、少し反り返り、淡褐色の筋あり、夏〜秋咲き、刮ハ長楕円形。



葉は卵状披針形で、互生する。(2015/9/29)


刮ハは稜のある長楕円形。(2016/10/2)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る