チャガヤツリ

茶蚊帳吊

単子葉、 カヤツリグサ科、 カヤツリグサ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:10〜60センチ
茎はあまり叢生しない。
葉は根元から出て、茎より短く、葉鞘は淡褐色である。
茎先から苞葉が3〜5枚斜上し、その間から数本の枝が散開し、 それに多数の小穂がビン洗いブラシのようにつく。 小穂は線形で赤褐色をおびる。
カヤツリグサ とよく似ているが、小穂が赤褐色をおび、花序枝がさらに 分枝はしない点が異なり、若い花序はビン洗いブラシに似ている。
アゼガヤツリ とも似ているが、鱗片の先が外側に開いている点が異なる。
そう果は倒卵形で、熟すと黒褐色になる。

写真取り替え(これはハマスゲ?)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る