アゼガヤツリ

畔蚊帳吊

単子葉、 カヤツリグサ科、 カヤツリグサ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:20〜40センチ
湿地に生える。 茎は叢生し、細くてかたく、鈍い3稜がある。
葉は根元から出て、茎より短く、濃褐色の葉鞘をもつ。
茎の先に長い葉状の苞が2〜4枚あり、その間から3〜5本の枝が散開し、 その先に赤褐色の小穂が5〜10個開出する。
小穂は長さ1〜2.5センチ、幅2〜2.5ミリの扁平な被針形で、 多数の小花が斜め2列に互生するように並んでおり、光沢がある。
果実は暗褐色で倒卵形のそう果である。

小穂は扁平な被針形








葉は幅1〜2ミリと細い。(2015/10/3)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る