アキノエノコログサ

秋の狗尾草

単子葉、 イネ科、 エノコログサ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜11月
高さ:50〜80センチ
茎は叢がって生え、基部は地を這って分枝し、 節から根を出して大きい株をつくる。
葉は長さ30〜40センチの広線形で柔らかく、ねじれて下を向き、 表面に短毛がある。
花序は長さ5〜12センチの円柱形で先がたれ、 エノコログサ より大きく、 晩秋まで咲いている。 葉と小穂から伸びる毛はやや紫色を帯びる。
果実では、第2苞頴が短くて、種子の先が露出している。 (エノコログサは種子が苞頴に覆われている。)

識別点: エノコログサアキノエノコログサキンエノコロコツブキンエノコロムラサキエノコログサ
 エノコログサ   :穂は3〜6センチで先がわずかに垂れ、緑色。葉は無毛。
 アキノエノコログサ:穂は5〜12センチで先が深く垂れ、葉の基部と穂がやや紫色を帯び、葉表に短毛。
 キンエノコロ   :穂は3〜10センチで直立し、金色を帯びる。
 コツブキンエノコロ:穂は2.5〜4センチで直立し、黄色〜紫褐色を帯びる。
 ムラサキエノコログサ:小穂の剛毛が紫褐色なこと以外はエノコログサと同じ。

エノコログサより少し大柄で、穂が深く垂れる。 (2008/9/8)


(2016/10/8)


第2苞穎が短くて、(黒褐色の)種子の先が少し露出する。 (2016/10/8)


葯は黄色い。 (2015/8/8)


小穂の基部の剛毛は紫色を帯びることがある。 (2014/11/15)


種子は黒褐色。 (2008/10/26)


茎の基部は地を這って分岐する。


節から根を出して叢生する。 (2009/9/16)


エノコログサより高くのびる。 (2014/11/15)


晩秋に葉が赤紫色を帯びる。 (2014/11/15)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る