キンエノコロ

金狗尾草

単子葉、 イネ科、 エノコログサ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:30〜80センチ
茎は叢生し、あまり枝分かれしない。
葉は15〜30センチの線形で細かい鋸歯があり、表面は光沢がなくざらつくが、 裏面は光沢がある。
花序は3〜10センチの長さの円柱状で、直立する。 小穂は3ミリ強で基部に金色の剛毛が密生する。 第2苞頴が短くて、護頴の先が半分露出する。

識別点: エノコログサアキノエノコログサキンエノコロコツブキンエノコロムラサキエノコログサ
 エノコログサ   :穂は3〜6センチで先がわずかに垂れ、緑色。葉は無毛。
 アキノエノコログサ:穂は5〜12センチで先が深く垂れ、葉の基部と穂がやや紫色を帯び、葉表に短毛。
 キンエノコロ   :穂は3〜10センチで直立し、金色を帯びる。
 コツブキンエノコロ:穂は2.5〜4センチで直立し、黄色〜紫褐色を帯びる。
 ムラサキエノコログサ:小穂の剛毛が紫褐色なこと以外はエノコログサと同じ。

群生する。




穂は直立する。(2015/9/19)


葉は線形でやや固い。(2015/9/20)


よくぶんけつする。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る