ヨツバムグラ

四葉葎

双子葉、合弁花、 アカネ科、 ヤエムグラ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:20〜50センチ
茎には4稜があり、細くて無毛で、基部は地に伏すことがあるが、 中ほどより先は立ち上がる。
葉は0.6〜1.5センチの卵状長楕円形で、4枚ずつ輪生する。 葉の先は短くとがり、縁や裏面に白い毛がある。 4枚の葉のうち2枚は托葉の変化したもので、他より少し小さい。
茎の先や葉腋から出る短い花序に、 直径1ミリぐらいの淡黄緑色で4弁の花を数個つける。
果実は2つの分果からなり、ごく短い突起が密生する。

識別点: ヤエムグラヤブムグラヨツバムグラヒメヨツバムグラ
 ヤエムグラ   :茎の稜に棘、1〜3センチの広線形の葉が6〜8輪生、花4弁、果実に毛。
 ヤブムグラ   :茎は無毛、1〜1.5センチの尖った長楕円形の葉が4〜5輪生、花は4弁、果実無毛。
 ヨツバムグラ  :茎は無毛、0.6〜1.5センチの尖った長楕円形の葉が4輪生、花は4弁、果実に突起。
 ヒメヨツバムグラ:茎はほぼ無毛、0.4〜1.2センチの狭披針形の葉が4輪生、花は4弁、果実に突起。
 ホソバノヨツバムグラ:茎の毛わずか、0.7〜1.4センチの狭長楕円形の葉が4輪生、花は通常3弁、果実無毛。

葉は卵状長楕円形で、4枚ずつ輪生する。






花は4弁。


茎は4稜形で細い。




葉の縁と裏には毛がある。


茎の基部は地に伏すこともある。




果実は分果


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る