タツナミソウ

立浪草

双子葉、合弁花、 シソ科、 タツナミソウ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:20〜40センチ
コバノタツナミ と似ているが、それより高く、葉も大きく、鋸歯の数も多い。
茎は有毛で赤みを帯び、直立し、分枝しない。
葉は長さ1〜2.5センチの広卵形で、数対が対生し、 鈍い鋸歯が7〜14対あり、軟毛がある。
初夏に茎の先に穂状花序を出し、同じ方向に向いた唇形の花をいくつもつける。 色は赤紫色や淡紅紫色で、 上唇はかぶと形におおいかぶさり、 下唇は3裂して平開し、斑紋がよく見える。
花後に萼の上唇が皿状になり、下唇が鍋状になって、 その中に4分果ができる。 各分果は偏球形で表面が小さい突起で覆われており、 熟すと萼の上唇がとれて分果が落ちる。

識別点: タツナミソウコバノタツナミエゾタツナミソウナミキソウハンシレン
 タツナミソウ  :高さ20〜40センチ、葉は1〜2.5センチの広卵形、鋸歯7〜14対、花は茎先。
 コバノタツナミ :高さ5〜20センチ、葉は1センチの広卵形で毛が多い、鋸歯5〜6対、花は茎先。
 エゾタツナミソウ:高さ15〜40センチ、葉は2〜4センチの卵状3角形、鋸歯7〜8対、花は茎先、数少なくまばら。
 ナミキソウ   :高さ10〜40センチ、葉は3センチの長楕円形で毛少ない、鋸歯7〜10対、花は葉腋。
 ハンシレン   :高さ40〜50センチ、葉は1.5〜3センチの広卵形で毛少ない、鋸歯7〜8対、花は枝先。

Phote by H. O. (1997/4/23)


Phote by H. O. (1997/5/12)


Phote by H. O. (1997/5/13)


鋸歯の数が多い。(2016/5/7)


花茎は茎先からのびる。(2017/7/29)


葉は長さ1〜2.5センチある。 萼が鍋状になって4分果を含む。(2017/7/29)


葉は毛深くない。 (2017/7/29)


茎は直立し、細毛がある。(2015/5/6)


白い花もある。(2015/5/6)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る