エゾタツナミソウ

蝦夷立浪草

双子葉、合弁花、 シソ科、 タツナミソウ属、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:15〜40センチ
タツナミソウ と似ているが、花穂が短くて花が少なく、まばらにつく点などが異なる。
地下茎があり、群生する。 茎は断面が4角で直立する。
葉は長さ2〜4センチの卵状3角形で、鈍鋸歯があり、対生する。 茎の上部では葉は小さくなり、鋸歯も少なくなる。 毛はほとんどない。
初夏に茎先に穂状花序を出し、 同じ方向に向いた長さ約2センチの唇形の花を2つずつ、何段にもつけ、 下から上へと咲いてゆく。 萼はふたつきの深鍋のような形をしている。 花冠の色は青紫色や淡紫色で、筒部が斜上して細長くのび、 上唇はかぶと形におおいかぶさり、 下唇は扇形に広がって斑紋がある。 花に腺毛がある。
果実は閉じた深鍋のような萼の中に入った4分果であり、 熟すと鍋ぶたのような上唇の萼がとれて、分果が落ちる。

識別点: タツナミソウコバノタツナミエゾタツナミソウナミキソウハンシレン
 タツナミソウ  :高さ20〜40センチ、葉は1〜2.5センチの広卵形、鋸歯7〜14対、花は茎先。
 コバノタツナミ :高さ5〜20センチ、葉は1センチの広卵形で毛が多い、鋸歯5〜6対、花は茎先。
 エゾタツナミソウ:高さ15〜40センチ、葉は2〜4センチの卵状3角形、鋸歯7〜8対、花は茎先、数少なくまばら。
 ナミキソウ   :高さ10〜40センチ、葉は3センチの長楕円形で毛少ない、鋸歯7〜10対、花は葉腋。
 ハンシレン   :高さ40〜50センチ、葉は1.5〜3センチの広卵形で毛少ない、鋸歯7〜8対、花は枝先。

(2016/10/20)


唇形花が2つずつ並んで咲く。 (2016/10/20)


茎の上部では葉が小さくなり、鋸歯も少なくなる。 (2016/10/20)


果実は小さな深鍋状。 (2016/10/20)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る