ハンシレン

半枝蓮

双子葉、合弁花、 シソ科、 タツナミソウ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:40〜50センチ
別名:セイタカナミキソウ
根は深くのびる。 茎は4角形で直立したのち、分枝する。
葉は長さ1.5〜3センチの広卵形で対生し、鈍い鋸歯がある。
茎先や枝先に穂状花序を出し、 同じ方向に向いた長さ約1センチの淡青紫色の唇形の花を いくつも斜上させる。 下唇は前に突き出し、白い斑紋がある。
果実は花後に長くなった萼の中に入った4分果で、 熟すと上唇の萼がとれて分果が落ちる。
生薬として使われる。
中国南部、台湾原産。

識別点: タツナミソウコバノタツナミエゾタツナミソウナミキソウハンシレン
 タツナミソウ  :高さ20〜40センチ、葉は1〜2.5センチの広卵形、鋸歯7〜14対、花は茎先。
 コバノタツナミ :高さ5〜20センチ、葉は1センチの広卵形で毛が多い、鋸歯5〜6対、花は茎先。
 エゾタツナミソウ:高さ15〜40センチ、葉は2〜4センチの卵状3角形、鋸歯7〜8対、花は茎先、数少なくまばら。
 ナミキソウ   :高さ10〜40センチ、葉は3センチの長楕円形で毛少ない、鋸歯7〜10対、花は葉腋。
 ハンシレン   :高さ40〜50センチ、葉は1.5〜3センチの広卵形で毛少ない、鋸歯7〜8対、花は枝先。

(2016/10/20)


茎は直立して高く伸び上がる。(2017/5/19)


花後に萼が閉じて容器のようになっている。(2016/7/27)


熟すとふたがとれて種子が散らばる。(2016/7/27)


葉は広卵形で対生する。(2016/7/27)


茎は四角形で直立する。(2016/10/20)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る