ソバ

蕎麦

双子葉、離弁花、 タデ科、 ソバ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:0.5〜1.2メートル
春に蒔いて夏収穫する夏ソバと、夏に蒔いて秋に収穫する秋ソバがある。
茎は中空で、直立して分枝し、花期は緑色であるが、 収穫時には下半分が赤くなる。
葉は3角形の角が尖った形で、互生する。 托葉が鞘状の托葉鞘となっている。
茎先に総状花序を出し、6ミリぐらいの白〜淡紅色の花をつける。 花弁のように見えるのは萼片で、5枚ある。
そう果は5〜6ミリの3稜形で黒褐色。果皮を除いて粉にしたものがそば粉である。
やせ土地でも育ち、種まき後3ヶ月ぐらいで収穫できる。
中央アジア原産。

識別点: シャクチリソバソバミゾソバ
 シャクチリソバ:多年草、高さ0.3〜1メートル、果実は7〜9ミリの3稜形で栗褐色。
 ソバ  :1年草、高さ0.5〜1.2メートル、果実は5〜6ミリの3稜形で黒褐色。
 タニソバ:1年草、葉は卵形で葉柄に翼がある、高さ10〜40センチ、果実は卵形。
 ツルソバ:多年草、茎はつる状、葉は卵形、そう果が液質の花被に包まれる。
 ミゾソバ:1年草、葉は矛形、高さ0.3〜1メートル、果実は3稜形。

(2016/9/28)


花は白い。(2016/10/20)


花弁状萼片が5枚ある。(2017/10/18)






果実は3稜形。(2016/10/20)


葉は三角形。茎は赤みを帯びる。葉柄基部に托葉鞘がある。(2015/9/29)


葉裏に微毛がある。若葉は巻かれたようにして伸びてくる。(2017/10/31)


赤い茎が直立する。(2016/10/20)




花の赤いアカバナソバ。(2015/7/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る