センダングサ

栴檀草

双子葉、合弁花、 キク科、 センダングサ属、筒状花と舌状花をもつ、1年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:0.3〜1.5メートル
茎は細くてよく分枝し、4つの稜があり、縮れた毛が生えている。
下部の葉は対生し、上部の葉は互生し、9〜15センチの1〜2回の羽状複葉で、 小葉は先の短くとがった卵形で、細かい鋸歯がある。 センダン(栴檀)の葉に似ているとしてセンダングサと言われる。
枝先に5枚の黄色い舌状花と多数の筒状花からなる頭花を1個つける。
そう果は1〜2センチの線形で先端に逆向きのとげのある冠毛(刺し毛) があり、動物などにくっつく。
変種の1つで、頭花の下の総苞片が頭花より長いものは、 アメリカセンダングサ と言われる。 舌状花の見えないものはコセンダングサといわれ、 センダングサよりコセンダングサが優勢になりつつあると言われる。

識別点: センダングサアメリカセンダングサコセンダングサシロノセンダングサ
 センダングサ    :舌状花は楕円形で黄色く、総苞片が短く、線形のそう果に刺し毛が3〜4本ある。
 アメリカセンダングサ:舌状花は短くて黄色く、総苞片が頭花より長く、扁平なそう果に刺し毛が2本ある。
 コセンダングサ   :舌状花がなく、総苞片が頭花より短く、線形のそう果に刺し毛が3〜4本ある。
 シロノセンダングサ :舌状花が白く、総苞片が頭花より短く、線形のそう果に刺し毛が3〜4本ある。
 タコウコギ     :葉の鋸歯がはっきりせず、舌状花はなく、扁平なそう果に刺し毛が2本ある。

写真とりかえ(特徴明示)




稜のあるそう果は刺し毛で衣服などにくっつく。


そう果の刺し毛には逆向きの棘がある。


アメリカセンダングサのそう果は扁平で刺し毛は2本。


コセンダングサは舌状花が見えない。


コセンダングサ


コセンダングサ


シロノセンダングサは舌状花が白い。


シロノセンダングサ。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る