オオシマノジギク

大島野路菊

双子葉、合弁花、 キク科、 キク属 筒状花と舌状花をもつ。多年草。 用語説明
花期:秋〜冬 11月〜12月
高さ:30〜40センチ
奄美大島や屋久島などに生える。
地下茎で群落を作る。 茎は斜上し、 短毛が密生する。
葉は長さ3〜5センチの広卵形で互生し、やや厚く、 3中裂し、裂片に波状鋸歯がある。 裏面には短毛が密生し、緑白色である。
枝先に直径約4センチの頭花がつき、舌状花は白く、 筒状花は黄色い。
果実はそう果。
ノジギク にくらべ、葉が5中裂でなく3中裂して厚い点などが異なる。
絶滅が危惧されている。

葉が3中裂する。 (2018/10/21)


葉に微毛があり、茎にも白毛がある。葉はやや厚い。 (2018/10/21)


3中裂した裂片がさらに浅裂する。 (2015/10/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る