ノアザミ

野薊

双子葉、合弁花、 キク科、 アザミ属、花は筒状花のみ、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜8月
高さ:0.5〜1メートル。 ロゼットで越冬する。 茎は細長く、直立して上部で枝分かれする。短毛がある。
根生葉は花時にも残り羽状に中裂する。 茎葉は互生し、羽状に裂け、縁に鋭い剣があり、基部は茎を抱く。
枝先に直径4〜5センチある紅紫色の頭花を1〜数個 上向きにつける。 頭花は5弁の筒状花の集まりで、先に雄蕊が成熟し、後から雌しべが 成熟して(雄性先熟)、自家受粉を避けている。
総苞は幅2〜4センチの球形で、総苞片は直立し、粘液を出して粘る。
果実はそう果で、褐色の種子に冠毛がある。

類似した植物 ノアザミノハラアザミヒメアザミ、 ハマアザミ の区別。
識別点:
 ノアザミ  :花期5〜8月、総苞は球形で、総苞片は直立して粘液で粘り、葉は茎を抱く。
 ノハラアザミ:花期8〜10月、総苞は鐘形で、総苞片は斜上して粘らず、葉は茎を抱く。
 ヒメアザミ :花期8〜10月、総苞は筒形で、総苞片は直立して粘り、葉は茎を抱く。
 ハマアザミ :花期6〜12月、総苞は筒形で、葉は厚くて光沢があり、葉は茎を抱かない。

紅紫色の花が春に咲く。


葉は羽状に裂けて棘があり、花は筒状花のみで外側から咲く。


茎葉は茎を抱き、互生する。


茎は上方で分枝し、毛がある。


総苞は球形で、総苞片は反り返らない。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る