ナババノスミレサイシン

長葉の菫細辛

双子葉、離弁花、 スミレ科、 スミレ属、多年草。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:5〜12センチ

特徴要約(他のスミレとの比較については スミレ科一覧参照):
   地上茎:無、花色:白紫色、葉:長3角状、距:太短、花柱:頭状。

太くて節のある地下茎を横にのばす。 地上茎がなく、 葉柄も花柄も地中から束生する。
葉は5〜8センチの長三角形状で、基部は深い心形であり、 葉裏は少し紫色を帯びる。 葉は花後に15センチぐらいに大きくなる。 托葉が葉柄と叢生する。
花柄は立ち上がったあと下向きにまがり、 葉が完全に展開する前の部分的に丸まった状態のとき、 直径2センチ強の大きい花をつける。 色は淡紫色〜白で紫色の筋があり、唇弁の距は太くて短く、 柱頭はカマキリの頭状となる。 萼片の付属体に切れ込みがある。
刮ハは熟すと3裂する。
関東以西の太平洋岸に生える日本固有種。

識別点: スミレサイシンナガバノスミレサイシンアメリカスミレサイシン
 スミレサイシン    :葉が心形、花は淡紫色、葉の展開途中で咲く。
 ナガバノスミレサイシン:葉が長3角状、花は淡紫色、葉の展開途中で咲く。
 アメリカスミレサイシン:葉は尖った心形でつや、花は紫色で斑点のあるものもある。
 アケボノスミレ    :葉は尖った心形、花は紅紫色、葉の展開途中で咲く。
 シコクスミレ     :葉は心形で葉脈がへこみ、花は白く、萼片の付属体上端に切れ込み。

(2016/5/5)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る