クスダマツメクサ

薬玉詰草

双子葉、離弁花、 マメ科、 シャジクソウ属、1年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜8月
高さ:約50センチ
根もとからよく分枝して斜上し、草が地面を覆うが、 踏みつけには強くない。
短い葉柄をもつ3出複葉が互生し、小葉は倒卵形で、 葉脈が平行してまっすぐに縁に向かい、上半部に低い鋸歯がある。
葉腋から立ち上がる花柄の先に、小さい黄色の蝶形花が50〜60個、 直径10〜18ミリのくす玉状に密集する。 旗弁の脈にそってしわがある。
受粉した花は下を向き、花弁が大きくなる。 乾燥して淡褐色になった花の中に、種子を1つ持つ豆果がある。
ヨーロッパ原産。1943年に横浜で見られた。

識別点: コメツブツメクサクスダマツメクサコメツブウマゴヤシ
 コメツブツメクサ :5〜20個の花が球状に集まる、花柄が短い、葉はほとんど無毛、受粉後下を向いた花の中に種子ができる。
 クスダマツメクサ :50〜60個の花がくす玉状に集まる、受粉後下を向いた花の中に種子ができる。
 コメツブウマゴヤシ:20〜30個の花が球状に集まる、花柄が高くのびる、葉に白毛、先が半回転した豆果ができる。





受粉した蝶形花は下を向き、淡褐色となって、種子1つの豆果を含む。(2015/5/16)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る