キダチウマノスズクサ


双子葉、離弁花、 ウマノスズグサ科、 ウマノスズクサ属、つる性、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 月〜月
ウマノスズクサ とよく似ているが、つるが木質化し、 花が黄色くて太い点などが異なる。
詳しくはウマノスズクサ参照。
中国東北部、朝鮮半島などに自生。

識別点: ウマノスズクサオオバウマノスズクサキダチウマノスズクサ
 ウマノスズクサ   :葉は三角状卵形で基部張り出し、花は膨らみのあるラッパ形で暗紫色、刮ハは偏球形。
 オオバウマノスズクサ:葉は大きな円心形〜三角状卵形、花はサキソフォン形で黄色、刮ハは大きい稜のある長楕円形。
 キダチウマノスズクサ:茎が木質化、葉は三角状卵形、花は黄色くて太い、刮ハは偏球形。

(2017/4/13)


花が黄色くて太い。(2017/4/13)


(2017/4/13)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る