ヒメジソ

姫紫蘇

双子葉、合弁花、 シソ科、 イヌコウジュ属、1年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:20〜60センチ
茎は直立し、対生的に分枝する。 茎は四角で下向きに曲がった短毛があり、節に白毛がある。
葉は卵形か広卵形で対生し、粗い鋸歯があって裏面に腺点がある。
枝先に3〜7センチの花穂を出し、淡紅紫色か白の唇形花をまばらにつける。 萼の上唇の先は3裂し、下唇の先は2裂する。裂片の先は鈍角である。
宿存萼のなかに4分果ができる。
よく似たものに イヌコウジュ があるが、次の違いがある。

識別点: ヒメジソイヌコウジュミゾコウジュ
 ヒメジソ  :秋に咲く、無毛に近い、葉は卵形、粗い鋸歯片側に4〜6個、上萼片の裂片は鈍角、葉に芳香、花穂直下の葉は他の茎葉と同じ。
 イヌコウジュ:秋に咲く、全体に細毛、葉は卵状長楕円形、浅い鋸歯片側に6〜13個、上萼片の裂片は鋭くとがる、香りは少ない、花穂直下の葉は広卵形。
 ミゾコウジュ:初夏に咲く、茎の稜に細毛、葉は長楕円形、鋸歯は浅い、上萼片の先は裂けない、花穂直下の葉は他の茎葉と同じ。

ヒメジソ。


イヌコウジュ。鋸歯は低く、片側に6〜13個。茎などに細毛がある。(2015/9/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る