ヘビイチゴ

蛇苺

双子葉、離弁花、 バラ科、 ヘビイチゴ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜6月
茎は地を這い、節から根を出して増える。
根生葉の他に茎に互生する茎葉がある。 葉は3出複葉で、小葉は黄緑色の卵形で鋸歯があり、先がまるい。
葉腋から葉に対生して出る葉対生の花柄に、 直径約1.5センチの黄色い5弁花が1個咲く。 萼が2重になっており、外側の副萼片は内側のより大きくて、 鋸歯のある小さい葉のような形をしている。
似たところのある ミツバツチグリ ではそのような副萼片は見えない。
果実は直径1.2〜1.5センチの球形の偽果(イチゴ果)で、 赤い果実の上に種(そう果) が点々とつく。食べられるがうまくない。

識別点: ヘビイチゴヤブヘビイチゴ
 ヘビイチゴ  :葉は3.5センチ、花は1.2〜1.5センチ、果床は淡紅色でしわあり(つやなし)、そう果もしわあり。
 ヤブヘビイチゴ:葉は3〜4センチ、花は2センチ、果床は濃紅色でしわなし(つやあり)、そう果もしわなし。

果実につやはない。




萼が2重になっており、外側の副萼片は鋸歯のある小さい葉のよう。


花は通常5弁で黄色く、中央部も黄色くて盛り上がっている。(6弁のもたまにあるようだ)


葉は3出複葉で、小葉は黄緑色の卵形で、大きい鋸歯がある。


花柄や葉柄に毛がある。(2015/4/26)




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る