ヤブヘビイチゴ

藪蛇苺

双子葉、離弁花、 バラ科、 ヘビイチゴ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜6月
茎は地を這う。
全体にヘビイチゴより大きく、3出複葉の小葉は濃緑色の卵形で鋸歯があり、 先が少しとがる。 根生葉のほかに、茎に互生する茎葉がある。
葉腋から葉に対生して出る対生の花柄に、 直径約2センチで黄色い5弁花が1個つく。
果実は直径2〜2.5センチの楕円形の偽果(イチゴ果)であり、濃紅色で光沢のある 果床の上に突起物状のそう果が多数ある。

識別点: ヘビイチゴヤブヘビイチゴ
& ヘビイチゴ  :葉は3.5センチ、花は1.2〜1.5センチ、果床は淡紅色でしわあり(つやなし)、そう果もしわあり。
 ヤブヘビイチゴ:葉は3〜4センチ、花は2センチ、果床は濃紅色でしわなし(つやあり)、そう果もしわなし。

果実につやがある。


花弁が少し細長い(ヘビイチゴの花弁はまるい)。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る