ミツバツチグリ

三葉土栗

双子葉、離弁花、 バラ科、 キジムシロ属、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:5〜30センチ
根茎が紡錘形に肥大し、そこから匐枝を出して広がる。
葉は3つの小葉をもつ羽状複葉であり、 キジムシロ 等の5〜9葉をもつものと区別できる。 小葉は卵形で鋸歯がある。 根生葉は大きく、匐枝につく葉は互生し、小さい。
枝先の集散花序に直径1.5〜2センチの黄色い5弁花が咲く。 ヘビイチゴ は花弁の隙間から葉のような副萼片が見えるが、 ミツバツチグリではそのような副萼片は見えない。
そう果は褐色がかった白色で、表面にしわがある。
ツチグリの根茎は焼くとクリのような味がして食べることができるが、 ミツバツチグリの根茎は食べられない。





(2015/4/26)


(2016/4/15)


(2015/5/6)


初冬に葉が色づき始める。(2016/19/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る