トサミズキ

土佐水木

双子葉、離弁花、 マンサク科、 トサミズキ属、落葉、小高木。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:4メートル
叢生し、球形の樹冠をつくり、樹皮は灰褐色で皮目がある。
葉は丸い心形で波状の鋸歯があり、互生し、葉脈の部分が へこんで葉が波状となる。
花は、葉の出る前に、前年葉腋から穂状花序を垂れ下がらせ、8個前後の 淡黄色の花を下向きにつける。花弁は5枚、雄しべは5本あり、葯が赤い。
果実は丸い褐色の朔果で、先に花柱が2本残る。 熟すと2つに割れて黒い種子が2つ出る。

識別点: トサミズキヒウガミズキキリシマミズキシナミズキ
 トサミズキ :1つの穂に花が8個前後つき、葯が暗赤色で雄しべが花弁と同長、花柱が花弁より長い。
 ヒウガミズキ:1つの穂に花が2〜3個つき、葯が黄色く、雄しべが花弁より少し短い。
 キリシマミズキ:1つの穂に花が5〜9個つき、葯が黄色く、雄しべが花弁より短い。
 シナミズキ :1つの穂に花が10〜15個つき、葯が黄色く、雄しべが花弁より短い。



花序の基部に苞があり、花から赤い葯がのぞく。(2016/3/16)


花序がのびると苞が大きくなり色が淡くなる。(2015/3/14)


葯が暗赤色となる。




雄しべが花弁と同長で花柱がそれより長い。


葉の展開時には、葉柄の基部に赤みを帯びた托葉がある。(2016/4/11)


花後の若葉


葉は互生し、丸い心形で波状の鋸歯があり、葉脈の部分が谷となる。


刮ハができはじめている。(2016/4/29)


叢生する。




樹皮は灰褐色。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る