ヒウガミズキ

日向水木

双子葉、離弁花、 マンサク科、 トサミズキ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:1〜3メートル
幹は株立ちとなり、樹皮は灰褐色で皮目がある。
葉は互生し、2〜3センチの広卵形で波形の鋸歯があり、 裏面は粉白色をおびる。
葉の展開前に開花し、葉腋から出る短い総状花序に淡黄色の花が1〜3個つく。 雄しべは5本ある。
直径6ミリぐらいの広倒卵形の朔果がつき、 秋に楕円形で黒い種子を出す。

識別点: トサミズキヒウガミズキキリシマミズキシナミズキ
 トサミズキ :1つの穂に花が8個前後つき、葯が暗赤色で雄しべが花弁と同長、花柱が花弁より長い。
 ヒウガミズキ:1つの穂に花が2〜3個つき、葯が黄色く、雄しべが花弁より少し短い。
 キリシマミズキ:1つの穂に花が5〜9個つき、葯が黄色く、雄しべが花弁より短い。
 シナミズキ :1つの穂に花が10〜15個つき、葯が黄色く、雄しべが花弁より短い。



葯が黄色い。


花総は短い。


葉の展開前に咲いている。


花は一度に咲く。(2017/4/4)


葉は広卵形で鋸歯があり、葉脈がへこむ。


(2018/5/24)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る