ペカン


双子葉、離弁花、 クルミ科、 ペカン属、落葉、広葉樹、大高木。 用語説明
花期:春 5月
高さ:30メートル
別名:ペカンヒッコリー
樹皮は灰色で、縦の浅い裂け目がある。芽は黄色くて毛深い。
奇数羽状複葉が互生し、小葉は先の尖った楕円形である。 若葉には毛が多い。
雌雄同株であるが、自家受粉はほとんどしない。、 雄花序は黄緑色で尾状に垂れ下がる。 雌花は黄緑色の楕円形で、新枝の先に立つ花序に数個つき、褐色の柱頭がのぞく。
果実は長さ約4センチのラグビーボール状の殻果で、熟すと4裂し、 褐色の薄い外種皮に包まれた種子が現れる。 その胚乳は約70%が脂質で、クルミの味がし、 ピーカンナッツとして食用にされる。
北米原産。

識別点: ノグルミサワグルミシナサワグルミオニグルミヒメグルミテウチグルミヒッコリーペカン
 ノグルミ  :奇数羽状複葉、小葉披針形、雄花序上向き、雌花序楕円形、果実松笠状。
 サワグルミ :奇数羽状複葉、小葉披針形、雄花序下垂、雌花序下垂、翼つき堅果裸出。
 シナサワグルミ:偶数羽状複葉、小葉長楕円形、雄花序湾曲、雌花序下垂、翼つき堅果裸出。
 オニグルミ :奇数羽状複葉、小葉楕円形、雄花序下垂、雌花序直立、核果状堅果球形。
 ヒメグルミ :奇数羽状複葉、小葉楕円形、雄花序下垂、雌花序直立、核果状堅果扁平。
 テウチグルミ:奇数羽状複葉、小葉楕円形、雄花序下垂、雌花数個、核果状堅果手割れ。
 ヒッコリー :奇数羽状複葉、小葉長楕円形、雄花序下垂、雌花数個、核果状外種皮裂開。
 ペカン   :奇数羽状複葉、小葉楕円形、雄花序下垂、雌花数個、殻果長楕円形。

(2015/5/10)


奇数羽状複葉が枝先につく。(2015/5/10)


奇数羽状複葉が互生する。(2017/9/30)


小葉は先の尖った楕円形で、鋸歯がある。(2017/9/30)


(2015/5/10)


大木となり、樹皮は灰色で縦に薄くひび割れる。(2015/5/10)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る