コムラサキ

小紫

双子葉、合弁花、 クマツヅラ科、 ムラサキシキブ属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:2メートル
別名:コシキブ
樹皮は黄褐色で皮目があるが滑らかであり、枝は細くて、しだれる。
葉は対生し、長さ3〜7センチ、幅1.5〜3センチの倒卵状長楕円形で、 縁の上半分にあらい鋸歯があり、裏面には腺点がある。
葉腋の少し上から集散花序を出し、小さい薄紫の花をたくさんつける。 花冠は4裂し、裂片は平開し、雄しべと雌しべが突き出る。
秋に3ミリぐらいの球形で薄紫の核果が多数群がってつく。 直径2ミリぐらいの扁平で倒卵形の核を4つ含む。

識別点: ムラサキシキブヤブムラサキコムラサキ
 ムラサキシキブ:葉全体に細かい鋸歯、花序の柄は葉腋から出る。実がやや粗。枝や葉、萼は無毛で、1つの花序に花が多数つく。
 ヤブムラサキ :枝や萼に星状毛が密生し、果実の下部が萼片につつまれる。
 コムラサキ  :葉の上半分に粗い鋸歯、花序の柄が葉腋より上につく。実が密。



丸い薄紫色の核果が葉腋ごとに群がってつく。(2015/9/20)






薄紫の花が4裂して平開し、雄しべと雌しべが突き出す。




先の尖った楕円形の葉が対生し、上半分に粗い鋸歯がある。(2015/7/11)




花と果実が白いものをシロシキブという。(2015/10/12)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る