コフジウツギ

小藤空木

双子葉、離弁花、 フジウツギ科、 フジウツギ属、落葉、低木。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜9月
高さ:1〜1.5メートル
根元から分枝し、半球形の樹形となる。 樹皮は灰褐色で、 枝に稜はなく、断面が丸い。
葉は対生し、葉柄の基部に茎を横切る筋がある。
葉は5〜15センチの卵形〜広披針形で、先が尾状に長くとがり、 基部は広いくさび形をしている。 裏面は緑白色で、淡褐色の軟毛が密生する。
夏に枝先から垂れ下がった細長い円錐花序に筒形で赤紫や青紫の花を 多数つけ、基部から先端へと咲かせる。
果実は5ミリぐらいの狭卵形の褐色の朔果で、先がとがる。

識別点: フジウツギコフジウツギフサフジウツギトウフジウツギ
 フジウツギ  :枝に翼状の4稜がある。葉柄の基部に付属体がある。葉は10〜20センチ。
 コフジウツギ :枝に4稜はなく断面が丸い。葉が5〜15センチ。
 フサフジウツギ:枝に4稜があるが翼状でなく、花冠の裂片が大きい。
 トウフジウツギ:葉柄の基部に付属体がない。葉や果実がフジウツギの半分ぐらい。



花は筒形で紫色の花冠が4裂する。(2016/10/2)




葉は卵形〜広披針形で、先が次第に細くなってとがる。






双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る