キンモクセイ

金木犀

双子葉、合弁花、 モクセイ科、 モクセイ属、常緑、広葉樹、小高木。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:4メートル
樹皮は淡灰褐色で縦の裂け目があり、 幹は太くてよく分枝し、葉を密につける。
葉は対生し、長さ5〜9センチの楕円形で、革質であり、裏面は 少し黄色みを帯びる。縁がやや波打つ。
雌雄異株で、 秋に葉腋に花柄のあるオレンジ色の小さな花を密生させ、芳香を放つ。 花被片は厚手で4深裂する。
原産地は中国であるが、日本には雄株しかないので、 果実は実らない。

識別点: キンモクセイギンモクセイ
 キンモクセイ:花はオレンジ色で密集、葉は5〜9センチで全縁、芳香強、結実せず。
 ギンモクセイ:花はクリーム色でやや疎、葉は8〜15センチで鋸歯、芳香弱、結実あり。



花冠は4深裂し、裂片は鮮やかな橙黄色で厚い。




若芽は枝先から数本束生する。


葉は革質の楕円形で対生し、縁がわずかに波打つ。


樹皮は淡灰褐色で、肥大に伴う模様ができる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る