ギンモクセイ

銀木犀

双子葉、合弁花、 モクセイ科、 モクセイ属、常緑、広葉樹、小高木。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:3〜6メートル
別名:単にモクセイということもある。
樹皮は淡灰褐色で、縦の裂け目がある。
葉は対生し、長さ8〜15センチの先のとがった楕円形であり、革質で、 鋸歯があるが、全縁のこともある。( キンモクセイ には鋸歯がほとんどない。) 主脈は表面でへこむが裏面で突出する。
雌雄異株で、秋に葉腋に芳香のある小さい白〜クリーム色の花を束生する。 花冠は直径4ミリぐらいで4深裂する。 キンモクセイほどではないが、芳香がある。
果実は長さ1〜1.5センチの楕円形の核果で、翌年の春に黒褐色に熟す。

識別点: キンモクセイギンモクセイ
 キンモクセイ:花はオレンジ色で密集、葉は5〜9センチで全縁、芳香強、結実せず。
 ギンモクセイ:花はクリーム色でやや疎、葉は8〜15センチで鋸歯、芳香弱、結実あり。

(2016/9/28)


花は白くて束生し、厚めの花冠が4深裂する。(2016/9/28)


葉は先の尖った楕円形で、革質である。この木では鋸歯がない。


樹皮は淡灰褐色で、縦の裂け目がある。(2016/9/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る