ハンノキ

榛の木

双子葉、離弁花、 カバノキ科、 ハンノキ属、落葉、広葉樹、高木。 用語説明
花期:春または秋 4月(寒冷地)または11月(暖地)
高さ:10〜20メートル
樹皮は紫褐色で、不規則に浅く裂けてはがれ落ちる。
葉は互生し、葉身は先のとがった5〜13センチの卵状長楕円形で、 ふぞろいな鋸歯があり、7〜9対の側脈が表面ではへこみ裏面では隆起する。
雌雄同株で、 花は暖地では11月ごろ咲き、寒冷地では4月に葉の出る前に咲く。 雄花序は4〜7センチの円筒形で、枝先に数個ぶらさがる。 雌花序は3〜4ミリの楕円形で赤く、雄花序の下に数個つく。 花弁は見えない。
果実は1.5〜2センチの卵状楕円形で、松笠のようであり、 10月に熟し、3〜4ミリの堅果を含む。
水辺や低湿地に生える。

識別点: ハンノキヤマハンノキオオバヤシャブシ
 ハンノキ  :葉は卵状長楕円形で先が尖る、細鋸歯、側脈枝分かれ、雄花序下垂し赤褐色。
 ヤマハンノキ:葉は広卵形で鈍頭、欠刻状重鋸歯、側脈分枝せず、雄花序下垂し赤褐色。
 ヤシャブシ :葉は狭卵形で先が尖る、細重鋸歯、側脈分枝せず、雄花序太くて湾曲し黄緑色。
 オオバヤシャブシ:葉は長卵形で先が尖る、細重鋸歯、側脈分枝せず、雄花序太くて湾曲し黄緑色。



雄花序が枝先から垂れ下がる。Photo by H. O. (2010/1/8)


果実は楕円形の松笠状。(2015/5/1)




未熟な果実。




来年用の花芽と今年の果実と昨年の果実。(2017/10/26)


葉は卵状長楕円形。(2015/5/1)


葉にはふぞろいな鋸歯があり、表面は無毛。




葉脈が裏面で隆起する。





樹皮は紫褐色で、不規則なうろこ状にひび割れる。


落葉高木である。 (2018/1/7)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る