シマサルナシ

島猿梨

双子葉、離弁花、 マタタビ科、 マタタビ属、落葉、つる性、木本。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
枝は赤褐色でつる状に長くのびる。
葉は互生し、6〜10センチの楕円形〜卵形で縁がゆるく波打ち、 鋸歯がまばらにあり、やや厚くてかたく、光沢がある。
初夏に葉腋の集散花序に直径1〜1.5センチの白い花を下向きにつける。 花弁と萼片は5個あり、線形の花柱が多数放射状に出る。
果実は3〜4センチの広楕円形の液果で、褐色の斑点があり、9〜10月に緑褐色に熟し、 食べることができる。
(小ぶりのキウイフルーツという感じである。)








双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る