キウイフルーツ


双子葉、離弁花、 マタタビ科、 マタタビ属、落葉、つる性、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
別名:シナサルナシ
つるは勢いよく4〜5メートルのび、 若いつるは褐色毛があって赤みを帯びる。
葉は10〜15センチの卵形でやや厚く、葉脈が明瞭で裏に綿毛が密生し、 有柄で互生する。
雌雄異株で、 初夏に葉腋から長い花柄のある白い花を下向きに咲かせる。 雄しべが多数ある。
液果は8センチぐらいの卵形で、表面は褐色で中は緑色である。 果実の中央部周辺にゴマ粒のような黒い種子が放射状に多数ならぶ。 果肉は甘みと少しの酸味がある。 果肉の黄色いものもあって、それはゴールデンキウイと呼ばれる。
若いツルにも果実にも褐色の毛が密生する。
根や茎にネコを酔わせる成分があるようで、 若木は猫にかじられたりして被害を受けやすい。
中国原産の シナサルナシ を1906年にニュージーランドに持ち込み品種改良したものがキウイフルーツ。













葉柄や若枝は赤みを帯びる。


葉は卵形。


葉や若い茎には短毛が密生する。(2015/7/2)


つるが旺盛にのびる。(2016/5/5)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る